雪の朝、日野駅ホームより南西方面を望む  昭和30年代前半 <未修整・未展示>

雪の朝、日野駅ホームより南西方面を望む  昭和30年代前半
雪の朝、日野駅ホームより南西方面を望む  昭和30年代前半
1980-05-02
1980-05-02
2013-11-16
2013-11-16
受入 No.0815
大きさ(mm)74×58
撮影年昭和30年代前半
撮影場所日野駅ホームより南西側
撮影者矢島壽男氏
所有者矢島壽男氏
情 報
  • 雪の日、日野駅ホームから南西方面を見たところ。前方の高台は大坂上の台地。左手に八王子市横山町の紅林(くればやし)糸綿店の看板がある。昭和36(1961)年頃まで販売されていたというプリンス毛糸の「リンス毛糸」の文字が見える。またホームの右手には田圃が広がっていたという。
  • 平成25(2013)年11月16日現在の日野駅ホームから見た西側の様子。昭和50年代から進められていたこの地区の区画整地も完了し、ロータリーの周りには中層ビル多数建設されている。
  • かつての高台の上にはアパートが建つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three − three =