フラフープをする少女 1958頃 <未修整・未展示>

フラフープをする少女 1958頃
フラフープをする少女 1958頃
2007-04-10
2007-04-10
受入 No.0003
大きさ(mm)
撮影年1958(昭和33年)頃
撮影場所馬場商会前の通りから東方面
撮影者馬場一衛氏
所有者馬場一衛氏
情 報
  • 昭和33(1958)10月に日本に入ると、またたくまに大流行したというフラフープでうれしそうに遊ぶ、馬場一衛氏の一番下の妹きよみさん。
  • 子どもの頃、遠足の日の前日に、父親が銭湯帰りにこの写真の後方にあったパチンコ屋(日野屋)に立ち寄り、森永の「マリー」というお菓子を仕留めて家に持ち帰ってくれた。それがとてもうれしかった。このパチンコ屋は後に根本玩具店になり、また根本玩具店はその後日野駅西口に移転した。<青木守氏談>
  • 甲州街道南側の向って右側から日野家、志村家、道を挟んで、振興信用組合、天野家と続く。
  • 現在の写真で見ると、右側から桃井ビル、ジョイフル日野、元の石坂屋菓子店(1階は個別指導塾AST、2階は雨宮歯科)、日野家、志村家、大東京信用組合日野支店、天野家と続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 19 =