初午の朝 1956(1)<未修整・未展示>

初午の朝 1956(1)
初午の朝 1956(1)
2008-02-12
2008-02-12
受入 No.0088
大きさ(mm)55×77
撮影年1956-02-09(昭和31年)
撮影場所志村章宅(現日野本町四丁目5)
撮影者志村章氏
所有者志村磨智子氏
情 報
  • 三軒から、お供え物がありお稲荷様も、喜ばれているだろう。<志村章氏記>
  • 屋敷内に祀られたお稲荷さん。毎年初午には、御神酒を初め多数のお供え物を上げ、志村家の平安を祈願する。現在も大切な屋敷神として大事に祀られている。
  • 子どものころ、初午にはお稲荷さんの前で焚き火をしながら、近所の子も交えて甘酒をいただいたりして楽しかった。<志村磨智子氏談>
  • 現在の写真は建て替えられたお稲荷さん。祠の中には金色のお稲荷さんが祀られている。
  • 日野宿内には今も敷地内にお稲荷さんを祀る家が多数見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − two =