中央線沿線の畑 1960頃 <未修整・未展示>

中央線沿線の畑 1960頃
中央線沿線の畑 1960頃
2007-05-26
2007-05-26
2007-05-26
2007-05-26
受入 No.0192
大きさ(mm)不明
撮影年1960(昭和35年)頃
撮影場所現国道20号陸橋付近から北方
撮影者戸高要氏
所有者戸高要氏
情 報
  • 左斜面の下は中央線の鉄道敷(写真外)。戦後暫くまでこの辺り一帯は畑で、農家の人は大昌寺坂・神明坂を登って耕作に通った。民家は、大昌寺坂付近の数軒を除き全くなかった。やがて、新築家屋の姿を見始めるようになったが、殆どはまだ一面の畑のままであった。撮影場所付近から日野駅ホーム南端の踏切(現存せず)までは、陸橋(現国道20号)を除き、鉄道を渡る橋や踏切は全くなかった。左側彼方の建物は別荘と称し、戦後は進駐軍の高官が使用していた所(後にラサール、現マンション)。なお、甲州街道付近の子どもたちは、たまに、連れだってこの辺りまで遊びに来た。冬の夕方になると手製の雀捕獲器(バッサリ)を写真の崖の斜面に仕掛け、翌朝、登校前に朝霜を踏んで現場確認に来た。<戸高要氏記>
  • 現在の写真2007-05-26-1 は旧写真の撮影地点からの撮影が困難なため、陸橋の多摩平側から日野駅方向を写したもの。また写真2007-05-26-2は陸橋上から日野駅方向を写したもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 8 =