日野停車場駅舎 - 駅員 1930頃 <未展示>

日野停車場駅舎 - 駅員 1930頃
日野停車場駅舎 - 駅員 1930頃
受入 No.0411
大きさ(mm)不明
撮影年1930(昭和5年)頃
撮影場所日野停車場駅舎前
撮影者不明
所有者馬場収氏
情 報
  • 明治23(1890)年1月に開設された甲武鉄道日野停車場駅舎前での記念撮影。旧駅は今の地点よりも300m程豊田駅寄り、即ち、旧甲州街道の宝泉寺前を通り、西の地蔵の横の中央線の踏切りを渡った左側にあった。この写真はホーム側から撮った写真ではないかと思われる。後方に「驛長」の看板が見える。なお駅舎は原宿駅舎の古材を利用して建てられたという。(田中紀子氏著「日野駅110周年記念によせて」<『日野の歴史と文化』第50号>より)
  • 前列左端が馬場収氏の父与四郎氏。
  • ちなみに、立川駅 - 浅川駅間が電化されたのは昭和5(1930)年12月20日。
  • 参照:№0583 №1684

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

18 − eighteen =