村野宗一郎君町葬 1937 <未修整・未展示>

村野宗一郎君町葬 1937
村野宗一郎君町葬 1937
受入 No.0513
大きさ(mm)不明
撮影年1937-12-10(昭和12年)
撮影場所日野尋常高等小学校
撮影者志村章氏
所有者志村磨智子氏
情 報
  • 中国大陸で戦死した豊田在住の村野宗一郎氏の町葬の様子を撮った写真。写真のように15年戦争初期は戦士者を弔う式典が盛大に行われたという。なお、この葬儀の模様については日野市中央公民館発行の『日野の昭和史を綴る』に詳しく掲載されている。
  • 左手に写っている鍔広の帽子(ハット)を被った一群は青年団の人たち。志村章氏もそのひとり。右手に校庭に3本あった欅の1本が見える。
  • 青年団の制服は、カーキ色の開襟の上着にズボン、つばの広い同色の帽子にネクタイという服装でなかなかスマートないで立ちだった。(『聞き書き日野の昭和史を綴る』より)
  • この写真(写真帖)は志村磨智子氏より日野市郷土資料館に寄贈されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × five =