宝泉寺東側 - 本堂、鐘楼、閻魔堂 昭和30年代初頭 <未修整・未展示>

宝泉寺東側 - 本堂、鐘楼、閻魔堂 昭和30年代初頭
宝泉寺東側 - 本堂、鐘楼、閻魔堂 昭和30年代初頭
2008-02-10
2008-02-10
2013-11-29
2013-11-29
受入 No.0735
大きさ(mm)76×57
撮影年昭和30年代初頭
撮影場所宝泉寺東側
撮影者河野正夫氏
所有者河野和正氏
情 報
  • 宝泉寺東側、今は墓地になっている辺りから本堂、鐘楼(鐘つき堂)、閻魔堂(観音堂)を望む。因みにこの閻魔堂(観音堂)には馬頭観音一体と下河原にあった西明寺の閻魔十王像が安置されている。
  • 現在は本堂、鐘楼、閻魔堂とも姿を変えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × two =