大昌寺山から北側方面を望む 1937頃 <未修整・未展示>

大昌寺山から北側方面を望む 1937頃
大昌寺山から北側方面を望む 1937頃
2008-11
2008-11
受入 No.0948
大きさ(mm)42×65
撮影年1937(昭和12年)頃
撮影場所大昌寺山から北方面
撮影者不明
所有者真野泰久氏
情 報
  • 左手に白く見えるのは広瀬屋(馬場家屋号)。広瀬屋の手前に藁ぶき屋根の家が見える。中央遠方には蚕糸試験場の建物が、またそのはるか右手には甲州街道が見える。写真手前左右に見えるのはいわゆる裏の川(日野用水)。右手の樹木は大昌寺。
  • 平成20(2008)年11月の写真では右手後方にかつての蚕糸試験場付近の仲田の森が映っている。なお平成24(2004)年にはこの地に仲田の森ふれあいホールが建った。また広瀬屋は今はなく、馬場商会の隣は塀を隔てて森屋商店と続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + seventeen =