中央線多摩平陸橋の東から東方を望む 1962頃 (カラー)<未修整・未展示>

中央線多摩平陸橋の東から東方を望む 1962頃
中央線多摩平陸橋の東から東方を望む 1962頃
2007-05-26
2007-05-26
受入 No.0183
大きさ(mm)不明
撮影年1962(昭和37年)頃
撮影場所中央線多摩平陸橋(現国道20号)東側の小さな坂を上った地点から東方
撮影者戸高要氏
所有者戸高要氏
情 報
  • 正面、人影の向こうに小さく見える鉄塔は、現市役所西隣の桜通りである。現在、市役所、中央公園、消防署や民家が建ち並ぶ一帯は建築物はなく、一面の畑地であった。左側彼方に大昌寺坂上の大欅が見える。<戸高要氏記>
  • 多摩平側から神明側に陸橋を渡りきると、前面は土手のようになっていて、その前に左右に細道があった。左側に行けば日野方面。右側は山を左に回り込むようにして谷戸の方へ続く道があった。<戸高要氏談>
  • 現在同一地点での撮影が困難なため、陸橋を多摩平側に渡り、そこから中央線沿いを日野駅方向に10mほど北上した地点から撮影した。現在の写真中央、高い鉄塔と電柱の中間に見える鉄塔が現消防署裏の鉄塔で、旧写真の左側の高い鉄塔と同一のものと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × four =