現日野一小付近 昭和10年代中頃 (パノラマ写真)<未展示>

現日野一小付近 昭和10年代中頃
現日野一小付近 昭和10年代中頃
受入 No.0651
大きさ(mm)245×298 / 245×298 / 247×300
撮影年昭和10年代中頃
撮影場所現一小付近
撮影者小池亮一氏
所有者小池亮一氏
情 報
  • 大工場の進出による児童数の急増に対応するため、昭和10(1935)年代中頃に、日野尋常高等小学校の建設用地として確保された付近の風景。しかし、その後建設中の校舎は中島飛行機の工場として使用されたため、実際に校舎として使用されたのは昭和23(1948)年からだった。左手には大昌寺、右手には下佐藤家の大ケヤキが見える。中央付近から左方向にのびるのは大昌寺坂へと通じる道。
  • 谷享司氏により3枚の写真をパノラマ化したもの。
  • 写真集『まちかど写真館 in ひの』第二集掲載写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one − 1 =