甲州街道南側の町並み 1960 ‐ 東方面(パノラマ写真)<未展示>

甲州街道南側の町並み 1960 ‐ 東方面
甲州街道南側の町並み 1960 ‐ 東方面
2008-04-04
2008-04-04
受入 No.0001
大きさ(mm)不明
撮影年1960(昭和35年)
撮影場所現日野本町二丁目交差点付近から東方面
撮影者戸高要氏
所有者戸高要氏
情 報
  • 東方面を望む。右手の日野一小通学路(旧大門通り)入口から左へ、戸高家(屋号は「佐野屋」)、風間製麺所、谷家(屋号は「鑰屋<かぎや>」)、末広屋乾物店、佐藤家(屋号は「藤屋」)、須藤金物店、松崎木工所、佐藤家(上佐藤家)、吉野八百屋、長田履物店、猪鼻輪業、佐藤家(下佐藤家)等が並ぶ。自動車の通行量は少ない。<戸高要氏記>
  • 仲町の家の数は、昭和のはじめ頃は約75軒、昭和10(1935)年が約100軒、昭和40(1965)年が約200軒。 昭和8(1933)年、甲州街道は北側へ、今の道幅に広げられ、車道と人道に分けられてコンクリートでかためられ、堀はふたをされて下水になってしまった。(『私たちの町仲町』より)
  • 隣組には甲州街道を挟んだ反対側の何軒かも入っていた。道は今のような交通量ではなく人々の交流する広場だった。また子どもたちにとって通りはちょっとした遊び場だった。<戸高要氏談>
  • 写真右側の戸高家の家屋は昭和16(1941)年12月に建て替えられたものとのこと。古くからある家には家印というものがあり、他の家と区別できるようにしていた。例えば、戸高家の家印(焼判)は山かさの下にカタカナの「サ」で、下駄、農機具などに付けていたという。<戸高要氏談>
  • 平成19(2007)年3月24日、日野バイパスの開通を受け、4月1日をもって国道20号から都道256号に変更された。但し甲州街道の名称はそのまま。
  • 写真は井上博司氏によりパノラマ化されたもの。
  • 写真集『まちかど写真館 in ひの』第一集掲載写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =