馬場商会 1958 ‐ 金子橋

馬場商会 1958 ‐ 金子橋
馬場商会 1958 ‐ 金子橋
2008-10-30
2008-10-30
受入 No.0002
大きさ(mm)不明
撮影年1958(昭和33年)
撮影場所馬場商会(現日野本町四丁目3)
撮影者馬場一衛氏
所有者馬場一衛氏
情 報
  • 馬場家は八王子千人同心の末裔。 
  • 馬場一衛氏の祖父岩松氏が大正2(1913)年、自転車屋を創業。岩松氏は自動車の修理技術も学んでいたが、当時車を所有する人も限られていたため、自転車を中心に営んでいた。その後、息子の元衛氏と信衛氏により経営が引き継がれたという。一方、信衛氏は後に北原の井上家(井上覚太郎氏。井上家も同じく八王子千人同心の末裔。)に婿養子に入ったとのこと。信衛氏の息子さんが井上源三郎資料館館長井上雅雄氏。<馬場花子氏談>
  • 向って左隣の建物は旧提灯屋(屋号は「広瀬屋」)で、受入No.11「大昌寺山から八坂神社、大昌寺、一小方面を望む1956」の写真でもわかるように、大昌寺山からもその白い建物がはっきり見えたという。旧提灯屋が建っていたところは現在森屋ビルの一部になっている。
  • 昭和26(1951)年撮影の受入No.425の写真に、森屋とその右隣りの建物に日野屋魚店の看板が写っている。日野屋魚店は広瀬屋の建物と思われる。また、昭和37(1962)年の住宅地図に広瀬屋のところに「日野魚」の表記がある。
  • 店先の樹木は青桐。中央やや右手前の電柱に「丸井立川店」の看板が見える。
  • 写真集『まちかど写真館 in ひの』第一集掲載写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 10 =